賃貸マンションを選ぶメリット

あなたがこれから住もうとしているエリアにもきっと賃貸物件が存在しているハズです。
つまりそれだけ数多くの物件から選ぶことが出来るのが賃貸であり、分譲よりも選択肢が多くなっているのです。 アパートの家賃や管理費はマンションと比較をして割安になっており、比較的に気軽に住むことが出来るでしょう。
アパートでは1000円〜数千円程度となる管理費が、マンションの場合となると数千円以上からとかなりの開きがあります。

 

どんなに素晴らしいマンションだったとしましても、現地調査を行うことで実際のところはアパートと大差が無かったなんてことはよくあることです。
しかし遮音性などといった特殊な設備は、アパートよりも断然優れているマンションが多くなっています。
耐火構造、耐震構造のマンションは今の日本では当たり前のものであり、これらは「RC構造」「SRC構造」と言われています。
建物そのものの強さは当たり前のことですが、新築物件におきましてはオートロックや宅配ロッカー付きなど、アパートには無い設備が充実しています。



賃貸マンションを選ぶメリットブログ:2019-08-18

母のからだというのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型を母体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
お子様がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分の母か旦那の母に
お子様を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母や旦那の母がいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでも母の都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などにはお子様を預けない。

保育園にお子様を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母の方も未練たらたらでお子様を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

お子様は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、お子様たちに目を届かせなばならないのだ。


このページの先頭へ戻る