物件探しで下見はとっても重要

インターネットの賃貸情報サイトではエリアを絞ってさらにタイプや賃料などの条件から一覧を見ることが出来ます。
不動産屋で賃貸を探す前にそんなサイトでエリア毎の賃料相場を確認するようにしてください。 人によって生活の便利さに求めているものが違うことから、自分のライフスタイルを考えて現地調査を行いましょう。
まずは自分の普段の生活をまとめてから現地へ下見に出掛けるのが最も賢い現地調査なのではないでしょうか?

 

やはり物件の良さで最も注意するべきことがアクセス性であり、地図上だけの確認ではなく、現地で電車やバスの時刻表の確認をすることが大切です。
夜帰るのが遅くなりがちな人は、タクシー利用時の料金、または駅周辺情報の確認を忘れないようにしてください。
自分にとって理想的な賃貸物件を探しているのでしたら、不動産屋の資料だけではなく、しっかりと現地に出向いて物件の調査をしましょう。
不動産会社の担当者と一緒に車で現地に行った時でも、自分の足や目を使ってしっかりとチェックを怠らないようにしてください。



物件探しで下見はとっても重要ブログ:2019-11-30

ボクの嫁は、
自他共に認める能天気で明るい性格で、
本人も「悩むことがほとんどない」と公言しているんですが…

初めての息子を出産した時に、
子育てでものすごく悩みはじめました。

うちの嫁に限っては、
子育てでブルーになることはありえない…とたかをくくっていたボクは、
本当に驚いたし、うろたえました。

そんな嫁を救ってくれたのは、
嫁のママの一言だったのです。

「そんなにこだわらなくてもいいじゃない!」と
ママは彼女に言ってくれて、
自分が自分にきちんとやれていないことを許せなくて、
自分を責めていたんだな…と気づき、
徐々に嫁の気持ちも楽になっていきました。

この出来事は、
ボク自身がその時の嫁に持っていた不満を
解消する鍵にもなりました。

当時、ボクは、
嫁が息子にばかり意識が向かっていて、
自分のことをほったらかしにされていると感じていたのです。

どうしてこんな感じを持つかというと、
夫も息子が生まれたら、嫁とは関わり方は違うけれど、
すごく悩んで努力しているからなのです。

息子が生まれたら、
息子や嫁に経済的なゆとりを持たせたいと思うのは
自然なことです。
だから、がんばって働いて、
たくさん収入を得なければ!と思ったりします。

また、息子は父母の背中を見て育つ、という言葉がありますが、
それを意識して、立派なパパにならなければ!と強く思ったりもします。

けれど、自分なりにがんばっていることが、
嫁にわかってもらえないような気分になることもあるんです。

でも、
真実はそうではなくて、
本当にシンプルな理由だったんです。

「子育てが大変すぎて、他に目を向けることができない」
だけだったんです!

このページの先頭へ戻る