家賃交渉をする時のコツ

今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。 賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。

 

もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。
賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。



家賃交渉をする時のコツブログ:2019-10-05

減量を頑張ろう!
こう思っても、その減量が自分に合ったものでなかったら、
きっと続かないし、続かなければ成功もしませんよね。

例えば、
野菜が苦手な人が
早く痩せたいからとキャベツ減量をやることにした…
続ける事ができそうだと思いますか?

むしろ、始める前から
気持ちが憂鬱になってしまうんではないでしょうか。

前向きに、気持ちを高めつつ、
楽しめなければ、なかなか成功は難しい減量。

減量には、
人それぞれに合った減量というものが必ずあります。

私も様々な減量を試してきましたが、
「食べながらの減量」
これがいちばん合っている減量でした。

いくら張り切って減量をしていても、
合わない減量であれば、成功率も低くなりますよね。

どれが自分に合っているのか?
これは実際にやってみない事にはわからないかもしれません。

しかし、
たくさんの減量を、一つ一つ試していてもきりがありません。

これは
あたしが実際に試してみた中で感じた事なのですが、
手当たり次第、とりあえず実行してみるのではなく、
まず、いくつか減量をピックアップしてみる…

次に、やるにあたり、何処が難しそうか、または続けられそうか…
これだけをまず書き出して見てください。

短所がたくさん書き出された減量は、
恐らくそのうち挫折したり、飽きてしまうはずです。

この方法で、最後まで残った減量は、
自分にとってあまりマイナス点がなかった減量だと思います。

この、自分にとってマイナス点が少ない減量を見つける。
これが続ける為に大事な事の一つだと、あたしは考えています。


このページの先頭へ戻る